小顔施術ならボトックス注射がイチオシ【メリットを紹介】

レディ

ボトックス注射の美容効果

鏡を見る人

ボトックス注射を受けることで小顔効果

普段からフェイスラインをリフトアップする方法として、美顔器を利用した自宅でのお手入れを念入りに行っている方や、首元から顔までしっかりリンパマッサージを行うことで不要な老廃物を蓄積させないように行うリンパケアを自分で行ったり、エステサロンでフェイスケアを受けるなどそれぞれの美容ケアで対策している方は多いです。しかしいくらマッサージを行っても小顔の効果を得ることが出来ないという方の大半は、顔の筋肉が発達していることで頬が張っているようにみえることが原因の可能性が高いといわれています。不要な老廃物や脂肪を排出させることは自分で行えても、発達した筋肉を処理することは素人には不可能なので、まずは美容整形外科で小顔ケアに何が必要なのかを相談してみることをおすすめします。今まで美容整形外科で小顔治療を行う方法といえば、顔の骨格を手術で改善する「骨切り術」と呼ばれる大掛かりな治療を受ける方法が主流でした。しかし治療を受けた時点ではきれいなフェイシャルラインも時間の経過と共に骨格が崩れてしまう危険も伴いますし、手術自体が体に負担を与える原因となるため最近では骨切り術による治療ではなく、体への負担が少なく短期間で効果を得ることが出来るボトックス注射が注目されています。ボトックス注射はボツリヌス菌から排出される毒素をあえて筋肉に注射することにより、その部位だけ筋肉を衰えさせることが出来るため、表情筋によるおでこのシワを改善したり咬筋の発達を抑えて小顔効果を与えることが出来る特徴があり様々な治療に使用されています。特に口を噛みしめた際にエラが張る部分に直接ボトックス注射を行えば、噛みしめの力を減らすことが可能となり顔の筋肉の発達を抑えて小顔に仕上げることが可能です。筋肉を衰えさせる注射と聞くと、実際に打つのは不安を感じてしまう方は少なくありません。しかしこの働きは入院中に体全体の筋肉が細くなる廃用性萎縮と同じ仕組みなので、健康上は特に問題なくどのような顔の形の方もシャープな仕上がりにすることが可能なので、ある程度美容効果を実感しやすい治療方法として幅広い年代の方に支持されています。また咬筋の働きを抑える事により食事がしにくくなるのではと感じている方もいますが、実際に食べ物を噛むあごの動きを支える筋肉は、顔に約3種類あるため治療を受けても普段通りに食事を行うことが出来るので安心ですし、ボトックス注射は打ってから効果が持続する期間が約3ヶ月から半年だと言われており、注入したボトックスも時間と共に体外に排出されていくので、美容効果を実感出来た場合は継続して同じ治療を受け続けることにより美容効果を持続させることが出来ます。ボトックス注射は保険診療外の自費となるため、顔に使用する場合は部位によって費用は異なります。クリニックによって治療費に違いがでますが平均で25600円程度かかるといわれています。頬は顔の部位の中でもボトックスの注入量が増える場所なので、若干費用が高めに設定されていますが一度の注射でも効果を実感しやすいメリットがあるため定期的に治療を受ける方が増えています。