小顔施術ならボトックス注射がイチオシ【メリットを紹介】

ボトックス治療で小顔美人に♪

ボトックス注射の美容効果

鏡を見る人

美容整形外科で受けることが可能なボトックス注射を利用した小顔治療は、骨切り術に比べて体へかかる負担が最小限に抑えることが可能な上に、部分的な処置を行うことでしっかり小顔効果を得ることが出来ます。

ボトックスで小顔効果

先生

人気のボトックス注射とは

骨格の場合遺伝によって起こっているため適切な手術を受けることで解決することが出来ますが、顔の筋肉が原因でエラが張っているように見える顔の方は美容整形外科で受けるボトックス注射で小顔効果を得ることが出来ます。ボトックス注射とはボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で筋肉に注入することでアセチルコリン分泌阻害のために一過性の筋肉麻痺を起こす特徴があります。眼科、神経内科などで、眼瞼や顔面痙攣の治療に使用されてきた薬品ですが、近年になって顔の筋肉を一時的に麻痺させることで顔の筋肉を細くすることにより小顔効果を与えられるとして美容施術の一つとして人気が高くなっています。ボトックス注射はアメリカの米食品医薬品局でも認可されており、健康上の問題はなく安全に使用することが出来る薬剤です。また、小顔ケアの他にもおでこなどに深くつきやすいシワを改善する際に使用されるなど美容皮膚科や美容整形では定番のプチ整形施術として施術を受ける方は女性に限らず男性も増えてきています。ボトックス注射を受ける際のメリットとして挙げられるのが、メスを利用して切開を行う手術などは一切必要なく口を噛みしめた際に横に張り出してしまう皮膚の部分にピンポイントでボトックス注射を行うだけなので、施術自体は短時間で済ませることが出来ます。また、咬筋には痛覚神経がないため麻酔を行わずに施術を受けることが可能です。注射を打つと早い場合は約3日から7日程度で顔のフェイスラインがシャープになってくるなど筋肉が細くなっていると実感することが可能です。注射によるダウンタイムがほとんど無いことも大きな特徴で腫れや赤みが肌に残りにくいことから周りにバレる心配がなく気軽に受けられるプチ整形として注目されています。治療を行った後は噛む力が弱まるので、普段の食事の際もしっかり噛んで物を飲み込むというクセがつきやすくなります。そうすると今まで早食いで満腹感を感じることが出来ずにすぐにおかわりをしていたという方や、間食をついしてしまって体重が増えてしまったという経験をお持ちの方も、通常のご飯を食べる時間が長くなり、ゆっくりしっかり噛むことで満腹感を感じやすくなり余計な間食を減らすことが出来るでしょう。咬筋が弱まると聞いて、ちゃんと物が噛めるのか心配になる人も少なくないようです。食べ物を噛んだり飲み物を飲んだりすることに問題ありませんし、呂律にも支障は出ないので会話に困ることもないでしょう。また、噛みしめが起こりにくくなり、体の緊張感による疲労や筋肉の張りを減らすことが出来るので、美容に関する面でも健康に関する面でもボトックス注射は良い影響を与えることが可能です。物理的に顔を小さくするのは美容整形でなくては難しい上に、ボトックス注射はプチ整形なので偏見も少ないことがわかっています。まずはカウンセリングを受けてみて、それでも興味があるなら施術に踏み込んでみてはいかがでしょうか。カウンセリングは無料で実地している美容整形外科がほとんどですし、良い医師かどうかを見極めるチャンスとなるはずです。

ボトックス注射で小顔に

看護師

小顔に憧れている人は多いかもしれません。顔を小さくする方法といってもいろいろあります。効率よく安全に小顔を手に入れたいという場合、人気のボトックス注射を受けてみると良いでしょう。

ボトックスですっきり小顔

カウンセリング

顔のエラの張りを改善する方法として、小顔効果が高いボトックス注射が人気です。受けるために美容整形外科に相談を行う方が増えてきています。注射を行ってから約1ヶ月程度で効果が出るでしょう。